誕生日をきっかけとしたワインレポート



こんばんは!スタッフのみちおです。
私事で恐縮ですが、4月22日が誕生日です。
つまり明日!!
 
さらにスタッフCさんも4月18日が誕生日でした。
おめでとうございます~
 
そこで先日「誕生日を2人合わせて祝おう♪」という訳で、えくこさんの粋なはからいでスタッフみんなでワインを頂きました!!
 
どうもありがとうございました~
 
 
僕は4月22日なので、そのまま422番のワイン(産地ファルツ ゲヴュルツトラミーナー種 シュペートレーゼ 白甘口)。
Cさんは4月18日ということで481番のワイン(産地ファルツ サントローレント種 QbA 赤辛口)。
 
こちらをいただきました!!

 
奇しくも2人ともアンゼルマン家のワイン!!
 
 
、、、いや、実はこれは奇妙な共通点でなどはなく、ウチのワインの番号付けのルールで4という番号から始まる(百の位)ものはアンゼルマンのワインとなっているだけです。
 
ちなみに、十の位が何を表すかというと、これは「味わい」や「種類」です。赤ワインは8とか、アイスワインは6とか。
そして一の位は通し番号なので、僕の頂いた422番は「アンゼルマン家の甘口ワインの2番」って意味です。
 
この番号の意味を知っていると、欲しいワインが簡単に見つかるかもしれないですね。
 
 
さて、僕の頂いた422番ですが、、、
お花(バラ系)のフローラルな香りが抜群に良いです!!
これだけでも他のワインとの違いを感じますね。
味わいは、、、
しっかりとブドウの蜜が凝縮されたような甘みがあって旨い!
僕の体感ですけど、甘口の日本酒、それも吟醸酒以上のもので華やかなものが好きな人とか、にごり酒が気に入っている人には間違いなくオススメできますよ。加えて日本酒で言えば、花酵母って知ってますか?この花酵母を使って造られた日本酒のフローラルさとどこか近しい印象を受けました。
僕はこういう"お花の印象"系のお酒が大好きなんです!
だからゲヴュルツトラミーナーは最高に大好きなブドウ品種!!
それからあと、開けたら早めに飲んだほうが良いですなこのワインは!
 
 
481番も飲ませていただいたんですが、こちらはインパクト大!な印象ですね。サントローレントらしさ全開とも話してました。
当店のHPのコメントを見てみても「このワインでドイツの赤にハマりました」なんて声もあるほど!
もったりした味わいではなく、スッキリした味わいの赤です。
そしてスタッフCさんに聞いたところ「最初飲んだ時よりも2日3日経ってからの方が明らかに美味しい!!」そうです。
日本食にもよく合うワインなのだとか。
 
 
そんな訳で、誕生日をきっかけとしたみちおのワインレポートでございました~
 
 
明日が楽しみ!!
 
では!

2015.04.21.


感想は↓こちらへどうぞ
https://www.ekukoswine.de/?group=contact

Facebookページは↓こちら ページヘのいいね!お願いします
https://www.facebook.com/ekukoswine



当サイトの記事・画像・情報などの転載は一切禁止します。© 1996 - 2018 by Ekuko's Wine & Gift Shop. All rights reserved.
コンタクト - 特定商取引法に基づく表記 - 利用規約(AGB) - Impressum - Datenschutzerklärung