すき焼きと甘口白の意外なマッチング




さてさてただいま実施中の”鍋ものに合うワインセール”
好評をいただいてます!どうもありがとうございます!

ところで。。。
「肉と言えば赤ワイン、すき焼きだってそうなんじゃ?でもなぜ合わせるものが白なのか。。。?」
と疑問に思われた方がおりましたので、みなさんにもお伝えしておきましょう。

今回のメルマガは、前回の文章に載せられなかった(長すぎて!)
「すき焼きに合うワイン」に選んだ2つの甘口白を
実際にすき焼きと合わせた時の事を会話形式でご紹介いたします♪♪


↓↓↓     ↓↓↓     ↓↓↓     ↓↓↓


えく子(以降はE):やっぱり和食とドイツワインの組み合わせって合うよね、単純に好きだわ~!
スタッフ(以降はS、スタッフは2名):美味しいですよね~
E:だけど今までいろいろ試したけど、そういえばまだすき焼きとは試したことがないかも。
S1:じゃあ、実際に合わせてみません?!

から始まった鍋に合うワインセール企画でございました。


私たちがオススメする『すき焼きに合うワイン』2本とは以下のワイン
1,果実味たっぷりの爽やかな甘口白
産地ラインヘッセン リースリング種 シュペートレーゼ 白甘口(323番)
2,樽熟成のリッチでまろやかな甘口白
産地ファルツ グラウブルグンダー種 アウスレーゼ 白甘口デザートワイン(432番)


さて、この2本を実際に牛すき焼きと合わせてみました。
生卵を付ける付けないでも相性が変わるのか。。。実験です!


すき焼きにおいて生卵を付けずに食べた場合の感想

【323番(白:爽やか系甘口)】
S1:野菜は合うけど、肉は"肉の旨味"を引き出せてないような。。。とにかく肉は重要ですよ。
E:このワインでは、お肉も野菜もどっちも合ってないみたいね。

【432番(白:樽熟成のまろやか系甘口)】
S1:肉のコクとワインのコクが合ってて、これはいい!
S2:このワイン、マイルドでまとまりがあって、美味しい!
E:これ美味しい!!やっぱりこのワインは甘口だけど合わせられる料理の幅が広いわ~


すき焼きにおいて生卵を付けて食べた場合の感想

【323番(白:爽やか系甘口)】
S1:ワインだけだと結構甘めで酸味もしっかりしてるのに。。。
E:でも?
S1:野菜やお肉と一緒に食べると酸味がまろ~やか~になって、食べた後はさっぱりして「さらにもう一杯!」という感じです。
E:えーほんとーー?
S1:しかも食べた後、口の中に旨味がいつまでも残ってる!
S2:ほんと、肉も野菜もワインも一緒に溶け合う感じ~
E:そうかしらね(笑)
S2:特に卵+肉は甘味も酸味も心地よくなって、ワインも華やかな印象が残るね。
E:う~ん、なるほどね~。。。もう一回試そ!

【432番(白:樽熟成のまろやか系甘口)】
S2:このワインはやっぱりお肉と合う!
E:たしかに!
S2:でも卵がなかった時のほうがアルコール感や酸味が気にならなかったかも。
S1:卵なしの方が、香ばしい香りが強調されずに、全部がまとまってる感じがしたね。
E:私は卵を付けても付けなくても変わらず美味しくいただけるわ~


ということで、実験結果!
すき焼きに生卵を付けずに食べる時はまろやか系甘口(432番)
卵を付けて食べる時は爽やか系甘口(323番)がより良い


いずれにしても、すき焼きには甘口の白ワインが合う!
そんな訳でオススメするワインが完璧に決まったのでした。

ちなみに、他にも赤ワインなどを試しましたが、白ワインの方が断然よく合いますよ。

意外と合う甘口白ワインとすき焼きの組み合わせ!ぜひ皆様もお試しあれ~~
新しい発見がありますよ。



<今回紹介したワイン>
1,果実味たっぷりの爽やかな甘口白ワイン
産地ラインヘッセン リースリング種 シュペートレーゼ 白甘口(323番)
2,樽熟成のリッチでまろやかな甘口白ワイン
産地ファルツ グラウブルグンダー種 アウスレーゼ 白甘口デザートワイン(432番)

>>> ”鍋ものに合うワインセール” ページはこちら







当サイトの記事・画像・情報などの転載は一切禁止します。© 1996 - 2018 by Ekuko's Wine & Gift Shop. All rights reserved.
コンタクト - 特定商取引法に基づく表記 - 利用規約(AGB) - Impressum - Datenschutzerklärung